« 栗の実 | トップページ | 久しぶりの快晴 »

2018年9月27日 (木)

不覚にも転倒

 今朝は久し振りにまでの散歩で、本日開店のスーパーに立ち寄り店内一巡し外に出ようとしたら低い階段に気づかず転倒してしまった。右足1段目でふらつき、慌てた左朝が更に会談と気づかずよろけ体勢立て直しの3段目で両手と右膝打って転倒していた。

 右ひざを両手で抱え込んだまま、痛くてしばし動けぬまま近くの椅子まで体を動かしてもらった。店内入場者が多い混雑時間で、退場者の流れに乗って人影で階段に気づかなかった。膝をさすっていたら「私も転びそうになったのよ」と、中年女性が危険注意表示が欲しいわよと慰めてくれた。自分の不注意ですが警備員や店員が寄ってきて「痛くないですか」と声かけてくれたが、痛いから取り敢えず湿布くださいと頼んだ。

 暫くして店員が2階薬局から湿布材持参し、右膝に2枚貼り付け不覚の階段と右足患部を記録した。妻に電話するも応答なく、暫くして店頭で恰好悪いから立ち上がり何とか歩けそうだからビッコひきながら駅まで歩きバスで帰宅した。バスに乗って落ち着いたら、腰の痛みに気づいたので掛かりつけ接骨院の診察受けることにした。

Dscn6542Dscn6544  院長先生の触診で骨折はしていないので、打撲だから患部を冷やしましょうと腰椎も影響が出ているから入浴禁止でシャワーはOKと言われたが11月陽気では止めにした。

 左画像は店舗奥方向で、目視では段差の識別可能ですが奥方向からは段差低いので人の流れで下を見ぬ限りは階段認識できなかった。
 
 院長先生によれば、この場合は左手首の骨折がなかったのが幸いだったとのこと。高齢者の骨折パターンは、畳の上でも手首骨折があるから強打しても軽症で良かったが明日も経過診てみましょう。人によっては痛みが強くなることもあるので、入浴や飲酒は避けてと注意された。生きていると、いろいろなことがあるものです。

|

« 栗の実 | トップページ | 久しぶりの快晴 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

松ちゃんさん とんだ災難でしたね、
自分もそうですが 年のせいか 見落としが出てきますね 特にハンドルを握った時の不注意は特に気を付ける様にして居ます。
早期の回復を 祈ってます。 お大事に。

投稿: サンちゃん | 2018年9月28日 (金) 09時03分

おはようございます。
迂闊な自分に気づいても遅いのですが、体のバランス保持が高齢化で難しくなっていますね。
自分のすぐ近くの中年女性は、よろけたけれど転倒免れていた状況からも爺になっている自覚が大切と痛感しました。

ハンドル握っていたら一瞬の見落としも・・・人身事故にでもなっていたら、軽微な痛みでは済みませんね。
ご心配おかけしました。コメントありがとうございます。

お互い交通安全週間なので、気を付けましょう!

投稿: 松ちゃん | 2018年9月28日 (金) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不覚にも転倒:

« 栗の実 | トップページ | 久しぶりの快晴 »