« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

大晦日の見沼田んぼ

 快晴微風の小春日和な見沼田んぼで、今年最後の散歩楽しみました。
 
Dscn8181Dscn8180ht
 
 頭上高く旅客機が飛び、田んぼには珍しい楽器の練習光景・犬の散歩族。
 
Dscn8182Dscn8184
 
 枇杷の花の狂い咲きに、小児医療センター/岩槻診療所が遠望出来ました。
 
Dscn8185Dscn8195
 
 女性トランペッターは、ご本人の承諾得て撮影いたしました。
 
Dscn8191Dscn8196
 
 もしかしたら夕日が見られるかもと、落日ポイントに車で移動しました。
 
Dscn8197
 
 素敵な光景愉しみました。
 
Dscn8208Dscn8206
 
 2016年よサヨーナラ、皆さま今年1年ご愛顧賜りありがとうございました。
 
 どうぞ良い年をお迎えください。
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

NZ第8日帰国&成田山新勝寺詣で

 成田空港には予定通り08:05着陸し、手荷物受けて通関手続き終りパーキングに行き無事の帰還を成田山新勝寺に詣り御礼祈願した。初めてのオーストラリヤ帰還時以来だから、もう20年ぶりくらいでした。
 
 師走の信念迎える準備中で、大勢の庭師が境内の植栽手入れ中でした。
 

 今回の旅行では、読者の皆様にお知らせもせず無断で8日間もブログ更新せず、改めて皆様にご心配かけましたことお詫び申し上げます。

 誠に申し訳ありませんでした。

 肉声でお叱り受けて、軽率だった自分が恥ずかしく済みませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NZ第7日OP 続編 NZ第8日帰国

Dscn7734
 
 
 ニュージーランド固有種“キーウイ” は、絶滅危惧種の飛べない鳥で夜行性なので保護施設で真っ暗闇の中で見物しました。勿論撮影禁止で、私語禁止の静寂環境の中足音たてぬよう隣の人に並んで歩きながら足元の微光を、確かめながら鳥影らしきものを覗き見た。
 
 
 撮影画像が1枚もなかったので、記事記載を忘れるところでした。リンク記事に記載のように、フルーツのキウイはこの国鳥が名前の由来のようです。
 
Dscn7743Dscn7744
 
 ニュージーランド各地の車窓光景は、ご覧のような放牧牧場の連続には驚きました。時速120~130km/h車両からの撮影は、手ぶれや電柱などの障害があり撮りたくとも撮れなかったが帰国直前なので撮りました。
 
Dscn7762Dscn7763Dscn7764
 
 OPツアー終了ホテルで、ニュージーランド最後の晩餐です。
 
Dscn7765Dscn7773
 
 高額オプショナルツアー選択の喜びを、9人の仲間たちと喜びあいました。食後にバス移動で空港に到着後、親切にご案内頂いた現地スタッフにお別れし通関手続き後帰国便に搭乗できたのは現地時間24:30(日本時間20:30)でした。
 
 オークランド空港01:15(日本時間21:15)予定通り離陸し、感動の旅に終止符を打ちました。
 
Dscn7782Dscn7784
 
 夕食済ませて数時間で1回目の機内食が届きました。
 
Dscn7786Dscn7785
 
 まだ名残惜しいオークランドの島影が、モニターに写っていた。またいつの日か訪ねたいなと思ったりもしました。
 
Dscn7799Dscn7825
 
 感動の余韻で興奮して周囲は殆んど眠りについたのに、私はモニター画像眺め偶然にも行ったばかりのゴンドラ画像見て思った。国際的にも、名所だったのかと懐かしさがこみあげた。
 
Dscn7849Dscn7850
 
 そうこうしているうちに日の出入りで機内は明るくなり、2回目の機内食が配膳されました。
 
Dscn7866Dscn7884
 
 食いしん坊の私でも、ご飯を残してパン食でおかずとデザートのみ頂きました。
 
Dscn7922Dscn7935
 
 成田空港直前ですが、障がい者半病人が無事に帰国出来てホッとしました。  つづく
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NZ第7日OP キア・オラ、テ・プイア

Dscn7668
 
  ニュージーランド先住民の時代から続く「テ・ファカレワワ地熱谷」は、間欠泉が吹き上げる凄い迫力ある名所でした。
 
Dscn7698Dscn7697
 
 現場からの連写画像で、GIFアニメーション画像にしてみました。
 
1612073
 
 もう1カ所は、泥パック出来そうな地熱が湧き出している印象でした。ガイドの説明聴き洩らしました。泥の間欠泉だったかな?
 
1612073_2
 
 マウリ歴史的建造物の 見学です。
 
Dscn7671Dscn7672
 
 マウリ信仰の伝統的な儀式などが行われる建物内部です。
 
Dscn7682Dscn7674
 
 彫り物が民俗の由来や伝統受け継いでいるのでしょうが、撮影に夢中になり聴き洩らしてしまいました。
 
Dscn7673Dscn7680
Dscn7681
 
 伝統工芸品を最新電動工具使用して、若き後継者を育成しているような印象でした。
 
Dscn7685Dscn7686
 
 古代からの遺産である見事な超大型舟は、見事なものでした。
 
Dscn7692
 つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

NZ第7日OP・ロトルア

Dscn7657
 
 ゴンドラに乗って素晴らしい景観楽しみながら、今旅行のオモテナシランチバイキングは豊富な食材と美味しさで超満足でした。
 
Dscn7610Dscn7613
 
 眺望の素晴らしさ自然の景観美の中で、ゴンドラから鹿の群雄地は別世界訪ねたようでした。ルピナスに囲まれた山腹に、鹿や山羊が共存していたのです。
 
Dscn7656
 
 ともかく盛況なバイキングコーナーは、皆さん行儀よく並んで好みの食材を皿に盛り付けていた。不快に感じたのは、行列に割り込んで平然と食材を盛る中国婦人のマナーの悪さは旅行中随所で見受けられた。
 
Dscn7618Dscn7619Dscn7620
 
 食べ過ぎないように心掛けても、美味しいムール貝などはツイお替わりしたくなります。
 
Dscn7617Dscn7621
 
 満腹の後はレストラン外部からの景観撮影や、遺影にも使えそうな記念撮影でした。
 
1
 
 ニュージーランド原生林と云うのでしょうか、NZ航空会社機体マークやラグビーチームでお馴染みの植物ですね。
 
Dscn7635Dscn7636Dscn7648
 
 楽園の印象は、豊富な自然界の動植物に美味しい料理に尽きます。
 
Dscn7654 Dscn7652

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

NZ第7日事前予約OPツアー参加

Dscn7570  旅程は最終日の終日自由行動でしたが、事前予約済OPツアー参加のため日本時間01:30モーニングコール受け、02:00(現地時間06:00)にはニュージーランド旅行最後の朝食バイキング頂きました。

 参加者9名でしたが、昼食・夕食付で終日快適なご当地ならではの体験ツアーには大満足でした。

  この事前予約オプションは、31,000円も振り込んだと聞いて驚きました。日帰りバスツアーの昼夕食付とは云え、国内旅行なら2泊旅行できる金額でしたね。

Dscn7574  中型車のツアーガイド兼ドライバー含めて10名の御一行様は、最前席以外は窮屈だったようですが最前列左助手席乗車の私は120km/h以上で走行する車両は怖かった。

 と云っても殆どが居眠り状態で、観光地に着いたアナウンスで目覚めるほど寝不足をカバーできました。アクセルを目いっぱいフカサナイと、10人乗車では加速が悪かった。

 後部座席の仲間たちから怖くないかいと声かけられても、代わってヤルヨは社交辞令だから一日我慢できたが400km位走行したかも・・・。

Dscn7579Dscn7580

 ワイトモ・グローワーム洞窟と云うツチホタルと呼ばれる、神秘的な暗黒の世界は撮影禁止の洞窟でした。

Photo  


Photo_2

 

 ヒンヤリとした洞窟内の川で、ボートが静かに進む光景は生まれて初めての体験でした。ウエブサイトでも、神秘な世界の画像は紹介されていませんね。 つづく

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冠雪の富士

 今朝の日の出予定時刻は、06:50でしたが見沼田んぼの低い雲に阻まれ残念だった。寒さが厳しかったので帰宅して直ぐに富士山撮影ポイントに直行した。
 
Dscn8164
 
 07:15 今冬一番の冠雪富士は、朝日に映えて美しかった。
 
1

 

 別ポイントのすそ野を取り込み、拡大トリミングしてみました。日本一の山ですね。

Dscn8171ht

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

NZ第6日クイーンズタウン市内観光

Dscn7498Dscn7501Dscn7507
 
 市内随所に見られたクリスマスツリーは、中央拡大画像のように日本のブラシの木に似ていますが上に向かって咲いています。右画像は、アフリカで見られるジャガランタです。
 
Dscn7511Dscn7514
 
 海岸通りですが、釣り人が鯛を釣り上げた一瞬をキャッチ出来ました。
 
Dscn7515Dscn7516
 
 せっかくの鯛でしたが、資源保護の決まりで20cm以下は海に戻す決まりがあるそうです。
 
Dscn7517Dscn7519Dscn7520
 
 お土産店に立ち寄ったりして、いったんホテルに入り荷物整理などしてから午後の自由行動開始となりました。16:03(日本時間の12:30)です。
 
Dscn7526Dscn7529Dscn7532
 
 起伏の激しい市内のホテルから下り坂を歩き始めて、先ほどの海岸通り繁華街をブラ~り散策です。現地ガイドから教わった土産物店探しながら、大橋巨泉のオークランド見つけ下調べで買い物すれば帰りの急な上り坂は店の車両で送って貰える確証を得た。
 
Dscn7536Dscn7537Dscn7538
 
 雰囲気のあるイタリアンレストランで、シーフード楽しむことにした。バイキング料理に飽きていたので、何種類かの料理やサラダにピザを注文して美味しく頂きました。
 
Dscn7556Dscn7545
 
 食いしん坊の私なのにアルコール飲料は遠慮して、店外の画像収集で料理の出て来るのを待った。
 
Dscn7546Dscn7548
Dscn7552
 
 つづく
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

NZ第6日クライストチャーチからオークランドへ

Dscn7421  この朝も起床は1:40(現地5:40)で、ニュージーランド南島から北島オークランドへの移動日なのでトランク整理入念に済ませた。
 
 相変わらずの朝食バイキングだったが、飽きもせずガッツリ美味しく頂きました。
 
 ホテルガーデンの素敵な画像を撮ったり、庭園に隣接する噴水の虹が綺麗だったのが印象に残り、連写画像からGIFアニメに仕上げました。
 
 ともかくネイチャーウオークやハイキング目的の19名ツアー客だから、食欲も旺盛でスタミナのある仲間の皆さんには圧倒されます。
 
161206
 
 クライストチャーチの空港から、オークランドへに向かう国内線に搭乗しました。
 
Dscn7461
Dscn7462
 
 
  所用時間は約1時間20分ですが、現地時間10時予定通りのフライトでも日本時間の6時ですからシートベルト着用後直ぐに爆睡してしまった。オークランド到着後バスで昼食レストランに向かい、現地時間12時(日本時間の8時)に昼食だから体内時計が狂ってしまう訳だ。
 
Dscn7468Dscn7469Dscn7470
 
 
 野菜の高い日本から新鮮な野菜サラダに出会うと、皆さん嬉しそうに食べていた。
 
Dscn7476Dscn7477Dscn7478
 
 昼食後の市内観光は車窓風景が、南島とは様変わりでした。12月に満開となる「クリスマスツリー」と呼ばれる真赤な印象的でした。日本のブラシの木に似ていますが、ポフツカワという樹高約20mの木でした。バラ園のバラも満開です。
 
Dscn7484Dscn7481
 
 枯葉の世界から来ると、南国の世界は躍動的で元気が出て来ます病人と思えぬ自分がいました。
 
Dscn7496Dscn7491
 
Dscn7482Dscn7495
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんだクリスマス

161206x このGIF画像は、クライストチャーチ宿泊ホテルのクリスマスツリーです。

 帰国後2週間余りのアフターツアー楽しんでいたら、先週は2度も老父母託児所になってしまいました。

 私は可愛い4歳児の遊び相手だから満足でしたが、老婆託児所長は悲鳴を上げていた。

 クリスマスの夜は、39度の発熱と同時に結膜炎で泣かされる孫が可哀そうだった。

 昨日は休日診療病院の眼科で診て貰い、目薬貰ったが初めての目薬投与が爺婆2人がかりで70分余り手こずった。

 看護師さんに投与要領とコツを伝授されたが、幼児の恐怖心排除には悩まされ続けた。

 二人で目薬点滴実演したり、孫の手に点滴して試しても受け入れてもらうには苦労した。

 とんだクルシミマスで、解熱剤投与3回など初めての託児所体験は勉強になりました。教職員夫妻の学年末は、我が子の育児よりも担任クラス業務の煩雑さで過重労働に終われる姿に社会的不安現象思うと複雑な心境です。

Dscn8130

 お泊り保育の4歳児に見せたかった近所のイルミネーション、素敵ですが高熱児を歩いて連れ出すことも出来ず次回は年明けになりそうだ。今年のカウントダウンは、始まっていますが昨日頑張って年賀状だけは作成投函まで終りホッとしています。

Dscn8145

 不足年賀ハガキ購入と牛乳に投薬用リンゴジュース買いに来たGSコンビニで、落日直後の夕景撮りました。駐車施錠時には見えた半分の太陽が、撮影ポイントまでの数十歩の間にご覧画像になって残念でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

NZ第5日クライストチャーチまでの感動画像

 毛刈りショウを堪能し、クライストチャーチまでの移動途中の感動画像 です。現地ツアー添乗員が、こんな快晴で而も雲のないマウントクックは年に2~3日しかありませんと、ご本人の記念写真撮影を依頼された。感極まったご本人は、画像の背景と自画像の確認をするほど興奮していた。私も遺影にしたい心境で、撮ってもらったがブログには非公開です。
 
Dscn7386
 
 穏やかな湖面奥の山なみ正面クローズアップすると、素敵なお気に入り画像です。
 
Dscn7388
 
 素晴らしい光景です。超望遠カメラのありがたみ実感いたしました。
 
Dscn7389
 
 こんな感動に浸っていたら、手前右手の湖面に人魚のようなご婦人が2名泳いでいるのに驚きました。
 
Dscn7393
 
 顔はわからないが、グラマーであることと気持ち良さそうな雰囲気はわかりますね。
 
Dscn7414
 
 クライストチャーチ市内の宿泊ホテル入りが、現地時間18:24(日本時間14:24)で夕食開始は18:46でした。
 
Dscn7412Dscn7413
 
 今回の旅行では美味しいものばかりで、マズかったと思う食事がありませんでした。
 
Dscn7419Dscn7420
 
 嬉しい旅の荷物を整理し、明日もモーニングコールが06:30(日本時間02:30)でした。私の体は夜は日本時間の深夜になり、朝は現地時間対応だから寝る時間が少な過ぎで帰国後の体調不良の遊び過ぎ要因でした。 つづく
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

NZ第5日クイーンズタウンからクライストチャーチまで

Dscn7298  ニュージーランド旅行は佳境に入り、朝食は日本時間の03:03 (現地時間07:03)食欲衰えずしっかりと食べているから3~4時間/日の寝不足でも絶好調と云っても、移動バスの中では爆睡でした。

 目覚めれば車窓の左右前方は、羊・馬・牛・鹿などの広大な牧場風景の連続で畜産王国の印象ですね。

 第5日目クイーズタウンからクライストチャーチまでの移動は、バスで約490km途中に果樹園の休憩とニュージーランド名物羊の毛刈りショウ見物でした。

Dscn7309Dscn7312

Dscn7315Dscn7314

Dscn7318Dscn7319

 羊の毛刈りショウは、動画撮影専用カメラに収録してありますので後日ご紹介いたします。

Dscn7352Dscn7353

 この羊の群れを牧羊犬が、オーナー飼い主の口笛の音色識別して命令通りに誘導する場面には感動しました。

Dscn9738Dscn9727

 

Dscn9728

 電動ハサミと職人の伝統保持ハサミの実演には、驚きました。両足に抱え込まれた羊がオトナシク、わずか2~3分で1頭刈り上げる手さばきは見事です。

1612051612052

Dscn9734

 刈り取られた毛を敷き詰めると、畳2畳大にはなるでしょうね。このオーナーがバーベキューで、ランチを準備してくれました。コンロで焼きたての肉は、トテモ美味しかった。

Dscn7361Dscn7357

 至福のランチタイムは、ケーキもアイスクリームも食べ放題で皆さんお替わりしていた。

Dscn7359Dscn7360

 食いしん坊の私でも、コーヒーは飲みたくないと遠慮するほどだった。 つづく

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

NZ第4日世界遺産ミルフォードサウンド観光

 この日最後の<大自然体感ポイント④>で、世界遺産ミルフォードサウンド観光はフィヨルドクルーズ観光船に乗り1時間40分の船旅でした。12画像をGIFアニメに作成しました。

161204

 正三角形に山のシルエットが綺麗なマイターピークや、落差約160mの滝など大自然の壮大な眺めをたっぷり楽しみました。上階甲板に出ると、強い強風を受け帽子を手に取って肌でクルージングの醍醐味満喫でした。後尾フラッグが印象的で、航跡が美しかった。

 昨日が約539kmで本日は412kのバス移動は厳しかったが、ほとんど眠っていたので疲れは感じなかった。現地時間6:45起床し、ホテル到着が23:16クイーズタウンのホテル夕食は美味しかった。

Dscn4187Dscn4188Dscn4189

 持病を忘れて美味しい料理を、旅仲間6人と歓談しながら楽しいひと時です。皆様の笑顔を紹介できないのが、ブログの悲しさです。

Dscn4191Dscn4192Dscn4193

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

NZ第4日レイクガン・ネイチャーウオーキング

 大自然体感ポイント②約1.4km/約1時間コースは、文字通りの素晴らしい大自然の光景でした。2秒サイクルのGIFアニメに纏めてみました。
 
Dscn4053
 
 これほどの素晴らしい景観を堪能できたのは、我が人生で初めてでした。
 
161204
 
 こちらののんびり散策の後のバス移動は、外国人観光客専用の大型バスで19名のツアー客が独り1席快適でした。短足日本人には、足休めが届かぬほどの客席です。
 
Dscn4089Dscn4112
 
 バス移動中にケア観測ポイントでは、ケアがバス昇降ステップのゴムパッキンを食いちぎる獰猛さ目撃し驚きました。
 
Dscn4106
 
 マウントクックの眺望は、迫力がありました。
 
Dscn4104
 
 大自然体感ポイント③約0.5km/約30分コースは、ニュージーランド特有植物観察でした。2秒サイクルのGIFアニメに纏めてみました。
 
1612104
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

NZ第4日ミラーレイク

 ニュージーランド旅行の第4日は、テアナウから、ミルフォードサウンドに向かう大自然体感ポイントの②でした。
 
161204
 
 大自然の湖面は、素晴らしかった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

世界遺産マウントクック国立公園

  ニュージーランド旅行の第3日(12月3日)土は、大自然体感ポイント①フッカーバレーハイキング約7km/約3時間への出発でした。待望の朝は興奮して目覚めが早く、日本時間01:53(現地05:53)テカポ湖の雄大な光景を独占撮影散歩しました。
 
_1
 
 誰もいない湖畔でウサギたちの群舞楽しみながら、マウントクックの勇姿を待ちました。
 
Dscn3885
 
 テカポ湖の朝食バイキングも旺盛な食欲で、食事制限忘れるほど美味しかった。
 
Dscn3873
 
 パンも豆も美味しく、定番の肉料理や豊富なデザートなど食欲の赴くままの満腹だった。
Dscn3990
 
  テカポ湖からバスで110km走行で、世界遺産マウントクック国立公園に到着しフッカーバレーハイキングの出発点で、若き女性山岳ガイドを先頭に9名がスタートした。
 
Dscn3919
 
  ほどなく歩くと目前にミューズリー氷河湖が迫り、不気味な光景を画像に収めました。
 
Dscn3926
 
 マウントクックの標高は富士山と同じくらいで、美しい容姿は素晴らしかった。
 
Dscn3927
 
Dscn3929
 
Dscn3929_2
 
Dscn3948
 
Dscn3950
 
 山腹の氷河の一部に雪崩を発生したのを、同行者4~5名が驚きの歓声を上げた。私は最後尾で撮影に夢中だったから目撃出来なかった。この日は2度も遭遇したけれど、ガイドの指さす声が聴き取れなかった。
 
Dscn3953
 
 第2のつり橋が見えてからマウントクック特有の花、マウントクックリリーが見え始めた。実に清楚で、可愛い花でしたね。
 
Dscn3958
 
 大きく揺れる吊り橋歩きは、迫力満点です。
 
Dscn3959
 
 眼下の急流は激しく、氷河の行方はどこまで続くのだろうと振り返るのも怖かった。
 
Dscn3960
 
Dscn3961
 
 
Dscn3963
 
 マウントクックリリーです。
 
Dscn3964
 
 美しく、可憐な花です。
 
Dscn3965
 
Dscn3967
 
  マウントクックの勇姿が見えてきたが、ここから先は上級者コースなので折り返し下山となりました。
 
Dscn3984
 
 2回目の雪崩発生地点ですが、痕跡はわかりませんでした。はるか遠方指さされても、見当がつきませんでした。氷河って凄いなあ!
 
Dscn3995
 
 フッカーバレーハイキング約7km/約3時間が終わったランチは、格別な美味しさでした。
この日は、累計13,787歩(9.1km)マウントクック国立公園からバスで429km移動してテアナウに到着したのが21:30(日本時間17:30)夕食後は海岸散歩し荷物整理。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

予約耳鼻科外来受診ほか

 ニュウジーランド帰国後の目まい症状は、10日間で大分緩和されました。外来初診前の標準純音聴力検査や、初診時の平衡機能検査(頭位及び頭位変換眼振検査)で機能回復もあり心配はないようです。鼻からのファイバースコープなどで、異常所見はなさそうです。
 
 1/4平衡機能検査と1/10再診で、今般の体調不調原因は解明されますが念のため1週間分の服薬処方があり、シビレや特異症状でたら緊急外来受診せよと指示された。遊び過ぎの高齢者にあるまじき、無謀さが原因ではなかったかと反省です。
 
Dscn8101_2
 
 今日のTVニュースでダイヤモンド富士が見られたそうですが、私は偶然にも浦和パルコ10階のエレベーター内で、日の入り寸前16:21画像撮りました。 一瞬のことだったので、B3まで降下し再度10階ないで撮影した16:28には残念でした。
 
Dscn8104ht
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

霜柱・ヒヨドリ

 今朝も寒い朝でした。見事な霜柱の高さが、5cmくらいありました。
 
Dscn8095
 
 義父の命日墓参で、3年前にハワイ旅行した兄妹が集まり墓参済ませてニュージーランド旅行の画像紹介で楽しいひと時を過ごしました。
 
Dscn8096
 
 銀杏の大木は枯れて、枝が透けて見えましたが根元周囲には銀杏の実が多数ころがっていたが拾う人がいないのですね。
 
Dscn8089
 
 ヒヨドリ軍団が赤い実を競って食べていました。
 
Dscn8097Dscn8098

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

18階の富士山

 今日はPCクラブ仲間と忘年会で、18階の中華レストランWC窓から富士山を撮影しました。
 
Dscn8084
 
 さすがに障害物がなく、眺望は素敵ですね。大気の状態の良い朝が狙い目ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の月

Dscn8075
 
161217 寒い朝です。
 
 西の空高く美しい月が、昨夜画像と較べれば何と綺麗でしょうか。
 
 昨日のNZ記事は、旅程第2日テカポ湖の感動を纏めました。
 
 現地時間19:30(日本15:30) 初めての夕食が、サーモン丼でした。
 
 これがなかなかの逸品です。
 
 サーモンの下に、卵焼きや海鮮が敷き詰められてボリューム感もありました。
 
昼食の白身魚フライ2枚にポテトや、前夜の機内食2回から救われた思いでした。
 
Dscn1790Dscn1875
 
 この夕食済ませホテルから近いテカポ湖の散歩は、まだ明るい美しい光景です。
 
Dscn1840ht
 
 ご覧のようなウサギさんの飛び跳ねる姿を、多数目撃出来て感動しました。日本時間では16:30頃ですが、現地時間は20:30で今宵は22:15オプションのテカポ湖星空観賞に出掛けます。
 
 天体望遠鏡のある山まで車で送ってもらい、満天の美しい星空に感激しました。
 
 残念ながらフラッシュ撮影禁止で、おまけに赤外線センサーも使えず撮影は出来ませんでした。星空解説を日本語で聴きながら、南十字星や天の川などを望遠鏡で覗いたり神秘的なロマンの世界に浸りました。現場滞在30分位の間に、流れ星を2回も目撃出来たりして同行の9名は歓声を上げました。
 
 写真撮影の実地指導では、我がカメラの設定モードが暗がりで判らず満天の星は脳裏に焼き付けました。日本時間は20:13ですが、現地は24:13第3日05:24起床で睡眠不足です・ この日は、いよいよマウントクック国立公園に出発です。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

今宵の月

 寒い一日でしたね。今日は816歩きり歩けなかった、右足股関節あたりが痛い。
 
Dscn8070Dscn8072
 
 月の出は19:08で、東の空に上がったばかりだから赤み帯びていました。
 
Dscn1893
 
 先ほどのテカポ湖畔教会で挙式の2組が、ルピナス群生地で記念撮影していたフォーカスです。おめでとう、お幸せに!
 
Dscn1894Dscn1895
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LEKE TEKAPO

 テカポ湖観光は、わずか30分でしたがミルキーブルーの湖面が美しく、ルピナスの群生が見事な彩どりで圧巻でした。初めて眺める極楽と錯覚するほど、素晴らしい光景です。

1

  こんな光景は、初めてで感動きわまりました。

2

 ニュウジーランドでは、ルピナスは外来種とされ観光地以外では雑草扱いとか気候風土に合うのか放置すると群生地が拡大するばかりだそうです。

3

 ともかく素晴らしい美しさで、私は武蔵丘陵森林公園のルピナスきり知りませんでしたから圧倒されました。

Dscn1818 Dscn1817Dscn1835

 湖畔の小さな教会では、結婚式が頻繁に行われているようです。中国人カップルが多いとか・・・。

Dscn1836Dscn1827

 教会祭壇正面窓の借景の素敵な光景は、カップルに新鮮な感動が傷害忘れられないでしょうね。

Dscn1845Dscn1844

 まだ投稿したい画像がありますが、容量制限があるようですのでデジブックに纏めます。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚きのパチスロ店

 昨日の歩数アップは、昨日12時にオープンの“MEGA GAIA”パチスロ店の巨大広告につられて夕刻散歩にチャレンジしたのです。深作川の川面に、金星が輝いている画像撮りました。波があったので、不鮮明ですが。

Dscn8040

 場所は旧“湯の郷”跡地に、パチスロ1,304台設置の大型店で駐車場ビルは4階建て屋上もあるので5階パーキングです。(下画像左隅がPビル)中央ビルの1階がパチンコフロアで、2階がスロットフロアでした。天井が凄く高いのにビックリで、さらに北側南側からのエスカレーター2基配置にも仰天でした。

Dscn8044

 店内は轟音でマイクの音声が聴き取れにくいほど、寒さ対策耳カバー着用者だからかも・・・。

Dscn8053

 エスカレーターの上部では、禁煙者には強烈なタバコの香りが堪らずお試し遊びの欲望は我慢しました。

Dscn8051

 もっとも遊びたくとも空き台待ち客が、ソフアーから溢れる盛況ぶりでした。

Dscn8052

 ものすごく活気のあるギャンブル好きには、堪らない空間が演出されていた。

Dscn8049

 屋上にはピンクやブルーに変色する、アドバルーンが半径1km圏内で観られた。

Dscn8048  

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素敵な富士山

 今朝も接骨院の施術受けて、心もち体がラクになりました。早速ながら、いつもの富士山ポイント2カ所巡りで冠雪の素敵な富士山が撮れました。
 
Dscn8061
 
 快晴でしたので、見事な眺望でした。さすがは、日本一 の山です。ニュージーランドのマウントクックの美しさと同様に、すばらしいですね。
 
Dscn8062Dscn8063
 
 画像はクリックで拡大 します。2画像でパノラマ合成いたしました。
 
Dscn8064ht
 
 別ポイントに移動して、撮りました。
 
Dscn8065
 
 雲が綺麗でしたが、うまく撮れなかった 。
 
Dscn8066ht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

整形外科再診

161208161215 左2グラフは、8日間の旅行中と本日現在の歩行記録です。
 
 今週の絶不調状態は、体がフラフラして歩行がつらくなった現実なのです。
 
 掛かりつけ内科医から耳鼻科の紹介受け、12/19に受診しますが本日試し歩きで6,631歩記録したけれど大変な苦痛で何度も休憩しました。
 と云うのも午前中の整形外科再診で、ニュウジーランド旅行は楽しかったと報告したらDrに喜んで頂き継続の2か月分処方薬貰えたからです。
 
 整形外科の範疇では、ほぼ順調な経過であっても耳鼻科的には無理をし過ぎたようで夕刻の血糖値が120程度と思いきや何と256に跳ね上がっていた。
 誠に恐るべき兆候で、明日から自戒して耳鼻科の処方薬を待つことにしましょう。
 極楽旅行体験から、地獄に突き落とされたような心境でともかくオトナシクしてみます。
 
161215_2
 
 GIFアニメは、病院そばの合併記念公園のビオトープ光景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

素敵な満月

 今年最後の満月は、09:06でしたが、観望出来るのは 17:02~06:20 素敵な満月でした。

Dscn8019

 寒さが強くなると、大気が澄んでくるのでしょうね。レタッチしたけれど、ノートリミング画像です。明朝も早起きすれば、美しい月が観望できますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンタベリー博物館

  旅程第2日の現地昼食時間前市内観光で、2時間足らずのフリータイムがありまし。クライストチャーチ市内中心部の地震被災地あとの徒歩見学兼美味しい珈琲店と、カンタベリー博物館見学コースがあり私は博物館選択しました。急ぎ足で写真を撮って、マオリの生活や文化の歴史に、絶滅した巨鳥モアの骨格標本や卵などの貴重なコレクションを鑑賞出来ました。
 
 正味では90分余りでしたから画像に記録しながら、ハワイの博物館と類似しているなあと思いながら楽しみました。入館料が無料なのは嬉しかったし、驚きました。ハワイの友人と訪ねた博物館は、3年前の画像記録でシニア16.95ドルだった。お高い料金でしたが、維持管理費が膨大のようです。ハワイ永住の友人奥さんグループが相当数参加ボランティア活動していても、維持管理が大変なんだと聞きました。
 
 48画像を約7分デジブックに纏めてみましたので、ご高覧頂ければ幸甚です。隣国オーストラリアのアボリジニ人の影響より、ハワイのポリネシア人文化と同じなんだと感じました。
 

 携行できる旅行ガイド本も用意したのに忘れて、帰宅後画像整理しながらブログアップ資料に参照する愚かな自分が恥ずかしい。

Dscn8017

 初めてのランチは、美味しかった。

Dscn1788Dscn1790Dscn1791

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

紙の大聖堂

 クライストチャーチは、2011年2月22日に発生のマグニチュード6.3のカンタベリー地震で崩壊しました。街の中心部では、185人もの命が奪われ日本人の若者たちが含まれていた被災地です。
 
 街のシンボルであった地元の玄武岩から作られたゴシック様式大聖堂の跡地に、坂茂建築設計デザインの臨時の紙の教会が建設されたと紹介された時には凄い日本人が居たのだと感動しました。700人も収容可能な教会が、紙で出来ていたなんて驚きでした。
 
 2.3秒サイクルの、GIFアニメにしてみました。
 
 
161202

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モナベイルパークガーデン

 極楽体感旅行のスタートは、モナベイルパークガーデンの散策でした。今回の旅行で、雨に遭遇したのはこの時だけでしたが雨がお似合いの散策路で素敵でした。沢山の画像を紹介できるのは、デジブックが最適ですね。お楽しみ頂ければ幸甚です。ぜひ全画面で、ご高覧ください。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

老人会喜寿祝

161211 今日は地元老人会の誕生会で、喜寿を祝っていただきました。10月から12月生まれ26名中に、喜寿は私一人でしたが本人のお礼挨拶で早速ニュージーランドねたで喜んで頂いた。
 
 来年のコラボ展には、 ニュージーランド写真の出展を早くも約束させられた。宴席では今年のペルー・イグアス写真に絡んで、YouTubeやデジブック作品も見せてほしいと嬉しいリクエストがありました。
 
 作品の作り方も教えてほしいとか、今年の老人会旅行にお付き合いした関係で今まで老人会は名ばかり会員を20年も続けていたが、今後は地元の付合いも大切にしたいと思います。
 
Dscn8010Dscn8015Dscn8016_2
 ノリタケカンパニーのマグカップ頂戴いたしました。
 このあと整骨院の施術受けて、薬局に薬の副作用確認してまずは内科医院に行き次は耳鼻科だと指導受けた。
 
 12/16再診予約の内科に電話して、体調不調の繰り上げ診察お願いしたら本日18:30採血ではHA1cが8.2にアップしていて、めまいはJ大医療センター耳鼻科の紹介状を頂いた。明日にでも予約受けて、早期診察お願いしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

クライストチャーチまで

Dscn1597  来年の喜寿前祝のニュージーランド旅行は、極楽でのご乱行続きで俗世から解放され冥途の土産つくりに最高でした。
 
 こんな満足感は、生涯二度と味わえないかも知れません。
 
 あと何年生きられるか知れませんが、自分の懐かしい記録として投稿したいと思います。
 
 ご乱行疲れか高血糖続きが原因か、ともかく食いしん坊の私が昨朝からバナナ1本とかパン1個の食生活です。昨日が149歩で、お試し外出できた今日は79歩きり歩けなかった。
 
 明日は掛かりつけ医に診て貰うつもりですが、天国から地獄に突き落とされたような心境です。
 
Dscn1659
 12月1日09:30義弟車に迎えてもらい4人で、成田発一緒14:40NZ094機で10時間30分のフライトでした。
 
Dscn1618Dscn1619
 太平洋上の雲間から、太陽の周りに初めて眺める虹のような現象撮りました。
 
Dscn1625Dscn1665
 2回の機内食は、夕食なのか夜食なのか戸惑いながらも食いしん坊は完食でした。
 
Dscn1628
 ニュージーランドのオークランドで乗り継ぎ便で 、1時間25分で第2日クライストチャーチまで現地時間11:15に到着しました。
 
Dscn1701
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

機上日の出

 昨日から私のブログ不具合は、>PC>T123456000B(C)>Windows>System32>が原因と究明しデイスクトップのファイルを元に戻したら復旧したようなのでテスト投稿いたします。皆様にはご心配お掛けしました。ブログ投稿開始後8年10カ月目での、初体験で指導講師にSOSしたかったが疲労困憊でメール発信出来なかった。

 うまく解決できたか写真挿入テストです。

Dscn7855

 成田に向かう飛行機の小窓から 、美しい日の出が撮れました。

Dscn7854

 雲海が赤く染まり始めてから、ワクワクしながら翼裏窓で待ちました。

Dscn7857Dscn7860

 日の出は見るのが楽しみで、自宅では散歩の楽しみです。

Dscn7865Dscn7867

 このあとオークランド出発から2回目の機内食でしたが、左翼下方に大島(?)らしき島を撮りました。

Dscn7896Dscn7898

 さてうまくブログアップできるでしょうか。 ・・・ どうにか復旧したようですね。

 昨日撮れなかった上弦の月が、東の空に輝いていました。オークランドの空でも明るい時間に輝いていました。ニュージーランドは、日の出が 05:50で日の入りは21:00過ぎていました。自差は時間遅れで星空観察OPはホテル22:00出発だから寝不足になってしまいます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極楽体感旅行

                   ご挨拶
 12月1日から8日までの極楽体感旅行は、ニュージーランドで皆様にご心配お掛けして申し訳ありませんでした。昨日の13時には帰宅していたのですが、遊び疲れとメール受信処理や撮影画像の取り込みも終わらず困ったことにはブログ投稿画像の挿入が出来ず困惑しています。
 
 極楽体感旅行と感じたくらいニュージーランドは素晴らしい自然に恵まれ、食べ物は格別に美味しくオモテナシも良かったのです。自分にとっては、まさに天国でしたから持参したタブレットは不具合もあり日本という俗世を一切忘れ思い切り遊び戯れてまいりました。
 
 残念ながら自分では処理できないPCトラブル対応は、体調と気力が落ちつきましたら皆様にご報告させていただきます。今は遊び疲れと寝不足が原因と思われる、地獄に迷い込んだ心境でヤヤ目まい気味で珍しく食いしん坊君は朝食がバナナ1本と味噌汁でした。
 
 携帯電話に着信受けてゴメンナサイ、事前に周知すると留守宅と判って貧乏世帯荒らし心配でした。諸般の整理がつきましたら、極楽体感報告を豊富な静止画と動画で報告いたしますからお楽しみに!
 
 現地でお世話になりましたお仲間の皆様、愛用カメラの特徴を活かした画像処理しばらくお待ちください。ありがとうございました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

師走入り

Dscn1577  冷たい雨の師走入りです。
1年は束の間で、加齢速度が一段と加速しているようです。
 昨夕の自治会集会所2階塔頂スズメ撮りました。
2,000mm相当画像です。
慌ただしい年の瀬迎えましたが、なんとなくボンヤリした自分が情けないなあ。
 気合い入れて、前向きに頑張らなくちゃ!少々ネタ切れです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »